歯科医院の選び方

Save a life

歯科医院の選び方

歯科とは、「歯または歯に関連した組織に関する疾患を扱う診療科」とされています。
日本では、医師と歯科医師では免許が分かれています。最近では歯科医師が10万人を突破したことが話題になっています。

医師不足と言われる中で歯科医師は増え過ぎの傾向にあるということです。
歯科医院は全国統計でコンビニエンスストアの店舗よりも歯科医院の数が多いということも分かっています。

歯科の現状は、厳しいものがあり開業した医院が3年以内に廃業という歯科医院も少なくないともいわれています。
誰でも良い治療をしてくれる歯科医院に通院したいという考えでしょうが、良い治療をしてくれる歯科医院ををどのように見分けることが、できるのでしょうか。

良い歯科医院はまずは清潔感の溢れる医院であることが大切です。
どこを見てもきれいに清掃されている医院は良い医院の証明になるでしょう。
先生以外の受付のスタッフや歯科助手の対応も重要です。
多くの歯科医院がある中で良い歯科医院を見つけたいものです。


虫歯の状態と歯医者で治療する方法と自然治癒の方法

歯医者で虫歯を治療する方法は色々ありますが、それぞれの内容を知った上で、自分の納得できる方法を選ぶことが大切になります。
その方法は、進行状況によってC0~C4までの段階に分けられています。
C0は初期の段階になり、歯に穴はあいていない状態なので、歯医者ではなく自分で自然治癒も出来るのです。
C1は、歯の表面のエナメル質に穴があいた状態で、痛みはありませんが削って詰めるとこが必要になります。
C2は、エナメル質の下の象牙質に達した状態で、冷たいものや甘いものなどがしみ始め、削って型をとり出来あがったものを留める方法になります。
C3は虫歯が神経に達し歯髄炎を起こした状態で、激痛を伴うこともあり、麻酔をして歯を深く削り神経を取り除きます。
C4は歯の神経が死んでしまった状態で、菌が血管を通り他の病気を引き起こす可能性もあり、歯根の中の治療をし抜糸することもあります。
また小さな虫歯や初期の段階は、口の中の環境さえ整っていれば、歯を削らず自然治癒を目指すことも出来るのです。
自然治癒の方法として、プラークを無くし口の中で歯が溶ける酸性から、歯を再石灰化させるアルカリ性にする必要があります。
唾液中のリンやカルシウムも進行を抑えてくれる効果があり、フッ素も菌の活動を抑えてくれるので、初期の状態を治し歯を強くすることも出来るのです。
キシリトール入りのガムを噛むと、唾液を多く出すため発生や進行を抑える効果もあるのです。

Favorite

ナチュラル雑貨
http://www.rakuten.co.jp/auc-sbase2008/
iphone修理 兵庫
http://iphone-castle-hyogo.com/
ゴルフ会員権
http://www.goodgolf.co.jp/
商標登録 費用
http://www.tmsp.jp/
オークションの代行
http://urmadillo.com/